シェルフとは


シェルフ.com
トップ >

 
シェルフとは

シェルフとは
シェルフとは、棚のことです。床と水平に固定された板の上に、物をのせて使います。かつては日本ではシェルフという言葉は使われていませんでしたが、棚をおしゃれっぽく表現する方法として、シェルフ(shelf)という呼称が用いられるようになりました。シェルフには、本や書類を置く「ブックシェルフ」、オーディオ機器を置く「オーディオシェルフ」、食器類を置く「キッチンシェルフ」などがあります。棚の中でも、スタイルがモダンなタイプをシェルフと呼ぶ場合が多いです。



シェルフの意義
生活や仕事には、その時々で必要となる物・アイテムがあります。必要とする物が一つだけなら、いつでも手元に置いておけばいいのですが、たくさんあると、保管場所が必要になります。その保管場所の一つがシェルフです。シェルフを上手に使いこなすことが、快適な日常生活を送るうえで大切なポイントになります。



シェルフの構造
一般的なシェルフは、両サイドに立てた板(側板)に、物をのせるための棚板を渡して作られます。側面に板がなく、四隅に立てたポールのみで棚板を支えるタイプも多いです。側面や背面に板がある収納家具を「棚」と呼び、背面や側面に板がない収納家具を「シェルフ」と呼んで区別する場合もあります。棚の高さを自由に調整できるシェルフや、扉や引き出しがついたシェルフもあります。


シェルフの使い方
シェルフを使う際には、収納するモノの種類や大きさ、組み合わせなどを考慮し、十分な棚のスペースを確保する必要があります。棚の上にモノをぎっしり詰め込むよりも、ゆとりをもって収納するのが、シェルフの上手な使い方です。スペースにゆとりがあるほうが、物を取り出しやすく、見た目もスッキリします。



シェルフを使う目的
シェルフを使う一番の目的は、部屋の物を片づけることです。また、シェルフには、空間を演出するという役目もあります。シェルフに小物や花瓶、装飾品などを上手に並べれば、部屋がおしゃれになります。



シェルフのオープン性
側面や背面に板がないオープンなシェルフは、部屋を広く、開放的に見せることができます。また、棚に何を置いているのかが一目で分かりやすいという長所もあります。キッチンや洗濯機置き場など、湿気がこもりやすい場所には、通気性の高いオープンシェルフを置くことで、カビが生えにくくなります。工場の倉庫や厨房の調理道具・食器置き場などにも、オープンシェルフがよく使われます。




Copyright (C) シェルフ.com. All Rights Reserved.