心地良い部屋を保つ!断拾離とシェルフのいい関係


シェルフ.com
トップ > コラム >
 
心地良い部屋を保つ!断拾離とシェルフのいい関係


あなたはすっきり片付いた心地良い部屋に住んでいますか? 押し入れに物がつまっていませんか? 部屋には必要な物、好きな物だけを置いていますか?

この質問に首を縦に振れないあなた。もし「心地良い部屋にしたい」と考えているなら、少し勇気を出して「断拾離」を実行しましょう。その断拾離の強い味方になるのが、「オシャレな棚=シェルフ」です!


いらないのに捨てられずにいるもの、部屋のあちこちに眠っていませんか?



断拾離ってどういうこと?

「ものを捨てること=断拾離」と捉えている方もいらっしゃいますが、これは少しあやまったニュアンス。正しい断拾離とは、「いま必要な物だけを残す」という考え方。あなたの部屋にあるのは、本当にいま必要な物ですか?

「好きな人からもらったから」「昔好きだったから」「高かったから」「また使うかもしれないから」……こんな理由で、本当は必要のない物までため込んでいませんか?




まずは捨てやすいところから

まずは軽い気持ちで整理できる場所からはじめてみましょう。それは本棚かもしれませんし、クローゼットかもしれませんし、冷蔵庫かもしれません。とにかく、自分にとって負担にならないところからはじめて、気持ちに勢いをつけることが意外にキーになります。

何ごともステップアップが大事。徐々に勢いをつけていけば大丈夫ですよ



次に捨てづらい物を捨てる

勢いがついてきたら、「捨てにくい物たち」に向き合います。「いま必要かどうか」「いま好きかどうか」という基準で、少し厳しめに判断していきましょう。昔好きだったぬいぐるみなど、「そのときの自分も捨てるみたいでどうしても整理できない」というものに出会ったら、こう考えてみてください。

「物を捨てているだけで気持ちを捨てているわけではない」と。「ありがとう。大好きだったよ」と心のなかでお礼を言って、物とさようならをしましょう。




シェルフの空き具合は快適度のバロメーター

自分の基準をつくって、捨てづらい物も捨てられるようになればしめたもの。必要な物、好きな物だけしかない部屋は素晴らしく快適なはずです。

しかし、ため込んでしまう人の性質はそう簡単に断拾離できません。きれいに整理した部屋も、時が経つにつれものが増えていくでしょう。放っておいたら断拾離をする前に元通り……ということも! そこで部屋を快適な状態に保つため、バロメーターとして活用してほしいのが見せる収納としてのシェルフです。


●ポイントは、以下の3つ!
1、部屋の断拾離が終わったときに、見せる収納としてシェルフを使う
※このとき、シェルフのスペースは1〜2割しか使わない
2、このスペースに空きがある状態を「部屋のベストな状態」と決める
3、シェルフに物が埋まって来たら断拾離を実行する


見せる収納であるシェルフはちょっとした聖域。インテリア以外の物を置いてはいけないところです。その聖域にまで物が侵食してきたら……それが断拾離をするタイミングです。心地良い部屋を保つために、シェルフをバロメーターとして使うことで心地よい部屋をキープできます。

見せる収納をつくることで、そこが部屋の快適度を計るバロメーターに!




コラム 一覧へ戻る >>





Copyright (C) シェルフ.com. All Rights Reserved.