シェルフは収納家具であり、デザイン家具です!


シェルフ.com
トップ > コラム >
 
シェルフは収納家具であり、デザイン家具です!


自宅で使うなら、おしゃれなデザインのものを!

シェルフが日本に入ってきた当時は、書籍や小物の整理などを目的とした収納家具として使われていましたが、最近はシェルフのデザイン性が向上し、デザイン家具として使用されているようです。おしゃれなシェルフに、おしゃれなアイテムなどを飾ることで、部屋の印象を大きく変更することもできます。



オフィスのシェルフにもデザイン性を!

オフィスで使用するシェルフは、重要な書類やファイルなどを保管するためのブックシェルフが中心ですが、応接室でシェルフを使用する場合に花を飾ったりランプを点灯させたりすることで、リラックスできる環境に整えているケースもあるようです。



機能面からデザイン重視へと変化

このようにシェルフの役割は「機能」だけでなく、「デザイン」も求められるようになっています。機能面に優れたシェルフは部屋をキレイに整理整頓するのには適していますが、デザイン面が悪ければインテリアとはなりません。とはいえ、逆にデザイン面ばかりが重視されたものでも、「物を収納する」という本来の目的を果たすことができません。

シェルフを選択する基準は、「何を収納するのか?」という機能面の観点と、「何を飾るのか?」というデザイン面の観点をはっきりとさせ、機能面とデザイン面のバランスを考えて検討していくのがいいでしょう。




どこにおいてもシェルフは活躍!

自宅でシェルフを設置する場所は、リビングや書斎などが多いと思います。リビングでは読みかけの書籍や雑誌・DVDなどをスッキリと片づけるのに重宝し、一方で、花を飾ったり、好きな雑貨を飾ったりすることで楽しい空間を演出することもできるでしょう。

ゲストの目にふれる家具に物がいっぱいに詰め込まれていると見栄えが悪いので、ある程度大きさにゆとりを持たせたシェルフを選ぶのもポイントです。

また、小さめのシェルフを購入すれば、リビングや書斎だけでなく、玄関のシューズボックスとしても利用できます。お気に入りの靴をおしゃれに飾ってみると、楽しめる玄関になるでしょう。




こだわりのシェルフを選ぶならインターネットで!

シェルフを購入するときは家具店やショールームに行ってみるのも楽しいと思いますが、店頭の商品だけではピンと来るものがないということもあるでしょう。

インターネットを利用すれば数多くの商品を見ることができますので、どのようなシェルフがいいのか具体的に決まっていない方は、ぜひお買い物に上手に活用してみてください。




コラム 一覧へ戻る >>





Copyright (C) シェルフ.com. All Rights Reserved.