現代のおしゃれなスチールシェルフとは?


シェルフ.com
トップ > コラム >
 
現代のおしゃれなスチールシェルフとは?


シェルフの材質はどれにする?

自宅のリビングなどで使うシェルフを購入しようと思ったときに、材質にもいろいろとあることに気付くと思います。大きく分けると木製のものとスチールのものとに分かれますが、木製のものは木材の種類や表面の加工の仕方によって、さらにいくつか分かれ、選択肢は豊富です。



スチール製は味気ないのか?

スチール製の家具というと、ひと昔前のオフィスに使用される家具をイメージする人が多いかもしれません。確かに、机やキャビネット、そしてシェルフをメタリックで無機質な感じで統一してしまうとオフィスそのものになってしまいます。

しかし、現在のスチール家具には、メタリックカラー以外のカラーのものも販売されていますし、スチールと木材を組み合わせた斬新なデザインのシェルフなどもあります。

インターネットなどで数多くの種類のシェルフを見る前はオフィスのようになるのを避けるために、「木製」のものを購入するという方が多かったかもしれませんが、スチール製でもおしゃれなものがたくさん販売されているんですよ。




スチール製シェルフのメリットは?

スチール製のシェルフを購入する最大のメリットは、「耐久性が高い」ということ。一般的な木製のシェルフの場合は、きちんとお手入れをしたかどうかにもよりますが、約10年で寿命を迎えます。一方、スチール製のシェルフは大きな衝撃を与えでもしないかぎりはずっと使用できます。重量のあるものを飾るときにも、木製よりスチール製のほうが頑丈なつくりになっているので安心して使用できるでしょう。

また、スチール製のシェルフは、掃除などのお手入れも簡単にできるので、メンテナンスが楽なのもメリットのひとつといえるでしょう。




塗装技術の発達でより塗装がはがれにくい!

一昔前のスチール製のシェルフは、ちょっと擦っただけで塗装がはがれてしまうことがありましたが、最近のものはスチール表面に強度の高い樹脂製塗料が使われているので、よほど鋭利なもので強く擦らないかぎりは傷が付きにくく、塗装も剥がれにくくなっています。



オープンシェルフで部屋を飾ってみては?

オープンシェルフといって背面の板のないタイプのものもありますので、圧迫感のないシェルフで部屋を飾って見るのも面白いでしょう。

木製・スチール製それぞれに特徴がありますが、「スチールなんて・・・」と思っていた方も、一度考え直してみてはいかがでしょうか?




コラム 一覧へ戻る >>





Copyright (C) シェルフ.com. All Rights Reserved.